Hat@noのPRISMなBassブログ2nd

~東京リーマンBasserであるHat@noが日々発信します~


今日も朝から浮きまして1日河口湖で楽しみました。
昨日ほど風も吹かなく、バックシートも釣りをしやすかった1日でしたが、釣果はイマイチ。
今日も放流ちゃんでした。

あ~あ。
とうとうこの日が来てしまった。
でもまぁ思い出にふけってばかりではダメですね。
実際、過去の試合のお立ちの大半はハードルアーでしたから、前向きに練習に励みますよ。

ゴールデンウイーク後半は桧原湖なので、今日は船を積んできました。
ETCが開かなくても割り引きが効くことが判明したので、精神衛生上かなり楽になりましたよ(笑)

アホみたいな中央道の大渋滞で河口湖入りしたのはお昼でしたよ。
そしたら今度はマスターズなみの強風で釣りにならず、結局風がやんだ夕方に放流ちゃんで遊んだだけでした。

あ、ちなみに今日のマーキュリー戦の結果ですが、元気プロが優勝!高橋洋一プロが準優勝でした~っ!
二人ともすごいな~。
僕も明日がんばろうっと!

20070428123447
河口湖は風が強いみたいですが、東京もこれから強風、雷、雨になるみたいです。
なので夕方からの弟の湾奥シーバスは中止としましたよ。

明日と明後日は河口湖に入ります。
天気もいいみたいで、かなり楽しみですよ。

放流は小海、国友、浅川らしいです。
保安内ばっかだから、陸っぱりは楽しめるのではないでしょうか?

昨夜は飲みすぎました。

やっぱり泡盛は体に合わないみたいだ。
(藤森プロ、生きてるかな?)

5月末の沖縄出張、こえーなー。
めちゃめちゃ飲まされるらしい。

20070426221638
新しく仲間に入った藤森プロと地元(実は超近所だった!)で、マスターズ河口湖の反省と桧原湖の対策で、夕方から飲みまくってますよ~。
よく来る沖縄料理店に来ましたが、釣り談義で酒も肴もすすみます。
楽しいなぁ。

20070426133519
僕の会社はカレンダー通り。
なので前半は三連休なのです。

土曜日はシーバスを釣ったことがない弟と湾奥で陸っぱり。
僕自身も久々の陸っぱりなので、昨日ルアーを買いましたよ。
と言ってもバチパターン向けのヤルキスティック。
こいつを弟に使わせます。

日曜と月曜は河口湖に。
ワームで楽しんできま~す。
おっと日曜はマーキュリー戦があるから、浮けるのは11時だ。

速報です!

優勝は鹿島プロ 4435g!

準優勝は我らが元気プロ 4370g!(おすぃ!!)

第3位は財津プロだそうです!

ちなみに元気プロは2500gのネイティブを獲ったらしい。

凄いのぉ。

どうやら友人がヤフオク詐欺にあってしまったようです。

人気のロッドが新品・送料無料・低価格即決で3本出品されていたらしく、落札後通常のやり取りをして、代金を振り込んだらいきなり評価が(停止中)に。
その後まったく連絡が取れないそうです。

僕もヤフオクをやってますんで、人ごととは思えないです。
充分注意しないといけませんね。

河口湖でワームが使えるのもあと一週間を切ってしまいました~。

しかし河口湖って色々なワームが流行りましたよね。

代表的なものでは(僕の仲間内だけかも)

・エコバチ(今年の試合では必携)
・バキューム(ご存知TOP50横山プロワーム)
・ガルプ各種(エコ戦が始まった時はみんなこれ)
・エコスワンプ(誰もがネコリグで使っていた)
・タイニーBホッグ(エビパターンでジグヘッドやダウン・サイトにも)
・ベビーブラッシュホッグ(桟橋やウィードポケットのテキサスは最高)
・ゲーリー4インチグラブ(昔から定番→放流にはイモが大ブーム)
・カットテール(放流にもネイティブにも効く)
・センコー(小さいのはサイト用・大きいのは真夏の表層早引き用)
・バレット(ブラインドからサイトまで・高比重が好きでした)
・MT'Sシャッド(ヨシノボリパターンやサイトで使用・匂いが効く?)
・ロブワーム(柳さんJB2で復活!?)
・クレイジービー(ノムシュンの影響で使用パート1)
・クリープフライ(ノムシュンの影響で使用パート2)
・スライディングシュリンプ(イモグラブと変わらん気が)
・クロステールシャッド(ノーシンで使っていたのは池田プロ・定番はダウンショット)
・インチホッグ(サイトで使ったなぁ)
・パワーホッグ各種(テキサスやラバジトレーラーとして)
・マイクロクローラー(ダウンショットでメインで使用)
・リーチ系(同じくダウンショット)
・サターン系(僕はスプリットやキャロで使ってました)

などなど、書ききれないっす~。

こんなワーム達も河口湖とは永久にさようなら。

27日は放流があるみたいですからね。
過去の栄光ワームオールスターで三連休を楽しむっていう人も多いのですかね。

とにかく言い訳はしません。
完全試合を食らいました。

でも、釣ってくる選手は釣ってくる。

彼らに追いつくのは難しいかも知れません。
が、最大限の努力をすることはできます。

残り3戦、できる範囲で最大限の努力をしようと決意した試合でした。

今回も少しは糧になったかな?

いやはや。
帰ってきましたよ。

二日間ノーフィッシュをやらかしてしまいましたよ。

仲間も大半が二日間ノーフィッシュ。
元気プロは今日いい魚を穫ってきまして、20位で賞金&楯獲得するも、まさかの剥奪。
本部の集計ミスだそうです。

昨日の失格事件もあり、なんだか不思議な事がたくさん起きたマスターズイースタンの初戦でしたよ。

さて、次は桧原湖。
五月は釣れないみたいですが、頑張りますよ!

飲んだくれて、今ホテルに帰ってきました~。
恥ずかしながら、仲間内全員ノーフィッシュでした。
いや・・・
正確には二人が魚を持ってきたんですがね。

みんな、明日頑張ろう!
頑張ろう!!

20070421080545
天気はいいですが風が吹いています。
では行ってきます!

だけど、僕は沖縄からの使者の研修でプラに入れず~(泣)

ま、いいんだけど。
どうせネイティブしかやらんし。

あ!明日から保安区域設定じゃ~ん!!

ここ数日東京はかなり寒いのですが、河口湖はとうとう雪が降ったそうですね。
11℃前後あった水温はどうなっているのか、とても気になるところです。
箱根周辺も雪で通行止めになっているみたいだし、まったくこの春はどうなっているのだ!?
明日、マスターズのプラに入る方たち。
状況教えてくださいね~っ!
高橋プロは新婚旅行でモルディブかぁ。
いいなぁ。

今週から、沖縄のグループ会社の人が研修に来ています。
僕のところには金曜日までおりまして、みっちり研修をしているわけなんですが(昨日は喉枯れた)、お土産に「紅いもタルト」なるものを頂戴しました。
beni01.jpg

沖縄のお土産と言えば「ちんすこう」が超メジャーでして、僕もこれしか食べたことがなかったのですが、今回貰った「紅いもタルト」をひとくち食べたらなんと!
こんな美味いものが土産であったのか!?
という電撃衝撃を食らいましたよ!!
beni02.jpg

いやぁ、まじ美味いっす。
沖縄に行ったら絶対に買ってくることをお薦めしますです、はい。

ヤフーショッピングでも買えるみたいですけどね(笑)

そんな訳で金曜日のマスターズ公式プラに入ることができませぬ(泣)

20070417134821
愛用しているシーバスプログラムのミディアムボートスピニングですが、中古で購入した時からティップがわずかに左に曲がっていました。

で、だましだまし使っていましたが、当分シーバスには行かなそうなので、今回修理をしています。

と言っても、糸でぶら下げるだけ。
ティップにセロハンテープを糸を巻きつけています。

以前チャプターの商品で貰ったロッドも曲がっていたので、この方法で直しましたよ。

特に低弾性ロッドやグラスロッドは保管の仕方で曲がってしまう事が多いですから、なってしまった方はこの方法をぜひお試しください。

日曜日の河口湖Aの結果ですが、放流がだいぶ水に馴染んできたみたいですね。
実際、放流をウェイインする選手がかなり多かったようです。

しかし、やはりネイティブを入れてくる選手が上位にいたのは事実。
元気プロは3本ながらも3292g。
青木プロも2本で2914g。
山木・阿部両プロは言わずもがな。
でもクラシックの時と比べたら、ネイティブも難しくなってきているんですかね。明らかに本数が減っています。

今週末のマスターズイースタン開幕戦は30cmキーパーですから、放流なんて意味なしホーイチ。
何としてでもネイティブを獲ってこないといけません!

土曜日に高橋プロとプラをした時の釣り方が効けばよいのですが・・・

20070415154253
書き忘れていました~。
船中で30ヒットぐらいでしたよ。
僕はとにかくばらしまくりでした。
どうもバス癖が付いてしまったようです。
しかし楽しいひと時でしたよ~。

20070415153453
昨日一緒にプラをした高橋プロが16位に入賞しました~。
おめでとうございます!
ネイティブを一本入れて、放流を入れ替えたスコアだそうです。

20070414160356
河口湖から二時間で東京湾マリーナに到着しましたよ。
では行ってきます。
ちなみに状況は良くないみたいです。

20070414125541
午前中だけ高橋プロと河口湖で練習をしましたよ。
高橋プロが写真のネイティブ1300gを釣り、僕はマスターズに全く関係のない放流君一本。
しかしかなり楽しい同船プラでしたよ。
僕は昼で上がり、今は東京湾に向かって爆走中です~♪
16時からボートシーバスです!

クラシックのフライトは33番。
昨年のカテゴリー&ゼッケン順だと思うのですが、これが実に微妙でした。

と言うのも、僕の上はTOP50のプロが約20人。
そこからさらに僕まで12人。
はえーバスボやアルミもさることながら、上位カテゴリーの皆様ならではのオーラもあります。

とりあえず前プラでよかったさかなやに直行した訳ですが、やはり!

限定お一人様のピンスポットはフライトの早い選手で満席でした。

それでも何とか入りましたが、魚が着いているピンスポとは全く違うため、どーしよーもありません。

ぐだぐだと時間だけが過ぎ、仕方なく長浜に移動。

しかしそこでも限定お一人様の各エリアは全て満席andシェアで打つ手なし。

そっからはもう迷走ですよ。

国友とロイヤルの放流場所はまったく釣れる気配がなく、グラブワンドも満席。

そうこうしているうちにいい時間となり、ライブウェルが空のままでネイティブをやるも集中力が続かず、とうとう2時(帰着は3時)になってしまいました。

泣きそうになりながらも迷走を続け、万に一つの懸けでさかなやに向かったらなんと!

限定お一人様のピンが空席ではありませんか!

速攻で入って、TOP50横山プロのバキューム1.5インチ河口サイターを投入すると、即食い!

2時にしてようやっとライブウェルに魚が入りました(プライド高橋さん、ライブウェル使えましたよ!)

しかし残り6本の道は遠すぎ!
なにせいじめぬかれ、入れ換えされたであろう魚は簡単に口を使ってくれません。

と、時計を見たらすでに2時40分。
結局、一本だけでクラシックの初日が終わってしまいました。

と、まぁこんな感じでしたね。
二日目は当日のブログにも書きましたけど、完全なネイティブ狙いで撃沈(二日目のフライトは初日の順位順だったため放流はハナから捨て)

僕のクラシックは終わりましたとさ。

敗因は、放流魚がたまっていてなおかつ他の人が知らないエリアを前プラで確保出来なかったことと、ネイティブ狙いに思い切れなかったことですね。

ながなが書きましたが、クラシックは終わりました。
来週はマスターズです。
しかもキーパーは30cm!
ネイティブオンリーでやりきりますよ~。
明日は午前中に河口湖にプリプラに入ります。
が、夕方からシーバスガイドなのは秘密です(笑)

本日、河口湖で開催された河口湖Bシリーズの速報です!

優勝は山木プロ。5本で6,000g台です。

準優勝は我らが元気プロ。5本で5,200g。

三位は鹿島プロ。同じく5本で3,000g台。

今日のウェイイン具合から、放流は釣れないとのこと。

ネイティブパターンは特殊になってきているそうで、元気プロの釣りはクラシックの釣り方とは全く違うそうです。

すげーなー、ほんとに。

迎えた4月1日。
山梨チャプターの第1戦です。
僕は参加せず、オレンジベルトでプリプラクティスに入りました。
やることは放流のチェック。

というのも3月30日に1tの放流が入り、31日は爆釣だったとのこと。
放流が入った場所は国友・長浜・ロイヤル・さかなやの4ヵ所で、1本あたりのウェイトは400~500g。
大きいのだと600gはあるという何とも複雑な放流。

さらにこの頃にクラシックは7本リミットという噂が飛び交いました。
となると?
500gを7本釣れば3500g。
5本釣っても2500g。
つまりネイティブの2~3本分のポテンシャルがあるわけです。
一日やってネイティブを2本獲るなら、放流で揃えた方が効率がいいのは明らかな訳です。

実際、山梨チャプターではその通りのウェイト。
さらに上位陣でネイティブを釣ってきた人はかなり少人数。
つまり・・・
ネイティブが釣れなくなってきている&放流がかなりのウェイト
こりゃぁ、もう放流やるしかないっしょ!
7本釣らなくても5本釣ってからネイティブをやれば、それなりのスコアが出せると判断。

こうして、クラシック当日を迎えました。

フライトは33番。
この落とし穴にまんまとはまった訳です(泣)

東レさんから出ているBAWOブランドは機能的になかなかの優れもので、僕は昔から愛用しているわけなんですが、相方も欲しいというので探したんですが、こいつがなかなかない!

ないのはBW-725という新製品のレインスーツ。
たっか~いエントラントとかバリアストレッチなどの廉価版の位置付けものですが、素材はバウオテックスで性能的には上位モデルとあまり変わらないものです。
ようは、裏地やベルトやダブルカフなどを不採用にしているものなんですが、別に土砂降りの中釣りをするわけではないので、これでいいかと。
725.jpg
しかし、ないないない!
ブラックのSサイズがない!(ブラックならコスプレにならないかと(笑))

と言うわけで東レフィッシングさんに問い合わせしたところ、ちょっとしか作らず、しかも出荷したお店はわずか3軒!
さらに今後の製造予定もなし!と、どうにも今年の新製品とは思えん!!

で、出荷したお店を聞いたところ偶然にも会社のそばのホワイトバスさん。
今度はそのホワイトバスさんに電話したところ、あるとのこと!
いやぁ、助かった(笑)
そんなこんなで雨の中受け取りに行ってきましたよ。

ちなみに昨日はサンバイザーまで買っています。
渋谷サンスイの加藤さん、その節はありがとうございました。
20070411172134.jpg
コスプレだっつーの(笑)

ミノーおよびシャッドを封印してのプリプラクティス。
となると、ノーシンカーが中心となる練習に戻ってしまいます。
ただ、この釣りは春の最強メソッド。
マスターしなければお話になりません。

有効なのはおおまかに分けて二種類のエリア。
ここを中心に周ったわけですが、この頃からプリプラに入っている選手が非常に多く、やっていることもみな同じ。
景気がいい人もいれば、ぜんぜん駄目な人(僕はこっち)もいます。
ですが、湖波ボートさんやハワイボートさんのHPをチェックすると、一般のアングラーがかなりの釣果を出し始めているのも分かってきました。

こりゃぁ魚の取り合いだなぁ、と必然的に思ったのですが変に釣っても仕方ないので、魚がいるであろうエリアを見て周る練習に切り替えました。
途中途中で魚を見つけて反応だけを見ますが、ここで新たな発見が!
簡単に反応する魚のはずなのに、僕のメソッドが通用しないという最悪な事態が。
ワームか?リグか?トレースコースか?(そんなの当たり前!)
こんな感じでどつぼにはまって行きましたが、そんな折、放流の噂がちらほら。

「最近放流していないから魚が育っている」
「合計で1tの予定だが500を二回に分ける可能性あり」
「暖かい水温で養殖した魚だから今の河口湖に入れたら、その場から動かないかも」

など、プリプラを全く意味のないものにしてしまうような情報が耳に入ってきました。(実はこの時点で敗戦が確定したかも)

さてさて困ったぞ。
とりあえず山梨チャプター第1戦で様子を見てからだなと判断し、山梨チャプター当日を迎えました。(ただし僕は不参加)

つづく・・・

ノーシンカーを封印してのプリプラクティスはシャッド。
各レンジを通せる様々なシャッドをリグり、各所を周りました。

ノーシンカーエリアはもちろんのこと、フラットでも1m、2m、3m、4mとくまなくトレース。

で、やはり釣れちゃった。
20070310125403.jpg

ノーシンカーよりでかい、食い気たっぷりの1800g。
おいおい。

でもノーシンカーの釣りと違って、出会い頭的要素が非常に強い。
当たればぶっちぎり、外せば死亡。

これ本番でやれるのかなぁ、と不安感を増幅させてしまう練習になってしまいました。
ようは風の有無と風向きで釣れる魚のサイズとエリアがぐっちゃぐちゃになる釣りなのです。
なので試合では常にアジャストしていかなければなりません。
限られた試合時間、エリア、レンジ、ミノーの種類など要素が多すぎるってやつです。

なのでこれまた一旦封印。

つづく・・・

と、言うわけで皆々様から多大な応援を頂いて出場した大舞台。
結果は、どの面下げてこれからの試合するんだよ!と言う終わり方をしてしまいました。
ごめんなさい。
すみません。
今日からクラシックを振り返り、反省を踏まえて4/21からのマスターズを迎えたいと思います。

プリプラクティスは3月初旬から入りました。
この頃の水温は5.9~7℃。
平年よりは異常なほど暖かく、魚が動いていることは容易に想像できました。
で、最初の練習でチョイスしたのはノーシンカー。
これは春の定番ですが(そういや来年はできねーんだな)まずはこのリグだけでどれだけの魚を獲れるのかをチェック。
ポツポツと反応する魚を見つけることができ、掛けてみたら1600gほどのいい魚。
20070303195214.jpg

あぁ、やはり間違いないんだなと感じましたが、クラシックまで一ヶ月。
とりあえずこれは一度封印をし、これ以外の釣り方を模索しようとテーマに掲げて練習内容を変更しました。

つづく・・・

20070408214740
終了しました~!
都知事選に行って、ようやっと帰ってきましたよ。
怒涛の3日間でございましたよ。
で、今日の結果ですが、タイトルと写真の通りハス一本!
真夏じゃねぇんだぞコノヤロー(笑)

でもまぁ、ネイティブオンリーで攻めた今日の河口湖は、とっても楽しかったですよ!
今回出場するにあたってアドバイスや励ましのお言葉をたくさんの方から頂戴しました。
明楽プロ、大場プロ、石神プロ、高橋プロ、永野プロ、細萱プロ、前田プロ、長プロ、荻野プロ(5位入賞おめでとう!)、財津プロ、小磯プロ、TOP50小川プロ、同じく横山プロ、藤森プロ、拓人プロ、そしてプライド高橋さん(順不同)
心から御礼申し上げます。
さ、次はマスターズだ!