Hat@noのPRISMなBassブログ2nd

~東京リーマンBasserであるHat@noが日々発信します~


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間が取れたのでバスプロ選手権が開催される河口湖に行ってきました。


朝のミーティング前に顔を出すと懐かしい面々が!
2年前まではここにいたのだなぁと思うと感慨深い。

2014年の春から首ヘルニアのブロック注射がスタートするも、このままでは試合にならないと思い、2015年からJBをお休みする事を決意した訳ですが、やはりこの雰囲気はいいですね!


釣りも少しだけしました。

浅川と大石だけを廻りましたが、小さい船団がありつつも釣れてない感じ。
当然僕にも釣れず(笑)

選手の多くは奥に行ったようですが、そこでも放流狙いが多かった模様です。

河口湖は相変わらず難しいなぁ。
スポンサーサイト

今回も高見船長にお世話になってきましたー!

17時に出船。
秋なのでストリームゲーム中心ですが、まずはシャローから。

場所ここ。


かなりのシャローなのでサブサーフェス系で攻めます。

そんな中、友人の片野さんかB太のSRで釣るわ釣るわ。
どうやらドンピシャではまったようです。

僕は定番ものでそこそこ釣った後に、今回の目玉であるAプロップ・シェルをキャスト!
アタるもノラない中で、リトリープスピードと喫水面が分かってきたので試してみるとようやくフッキング!

非常に良い魚でした。

ちなみにここでは何故か巨大ニゴイが食ってきて、片野さんと関谷さんはナイスファイトを楽しんでました(笑)

後半は荒川に。
この季節の定番ポイントですが、なんか違う。

X-80マグナムを持ってきた関谷さんだけがバイトを重ね、ナイスサイズを釣ってました。


そんなこんなで楽しい釣行となりました。

今回おろしたモアザンブランシーノ3000もいい仕事をしてくれて、次の釣行が早くも楽しみです。

春まで待てないかも!?

今夜はボートシーバス。

いそいそと準備をしてますが、予てから試したかった事にチャレンジしようかと。

それは、お気に入りルアーであるスミスのAプロップ シェルをシーバスで使うこと。

開発者である本山さんの話しによるとソルトでもかなりの結果が出てるという。

今夜は荒川河口がメインだし、となるとミノー系のドリフトだし、であればサブサーフェスのこのルアーは面白そうじゃないか?という判断です。

もともとシーバス用のAプロップは発売されてますが、このシェルバージョンのシーバス用はありません。

値段も高いし、消耗戦のソルトでは売れないでしょう…というマーケティングがあったと思われw

なので、ストックしてるAプロップ シェル2008をシーバス仕様にしてやろうじゃないの!とフック交換をしました。



フックはノーマルサイズとぴったり同じSTBL-46TNの4番。

スプリットリングがせこいのでこれも併せて交換します。

しかし…


Aプロップはヒートンじゃないので交換しにくいったらありゃしない。

てか、前から気になってますが、この仕様ってデカイのが掛かったら抜けないのか?



苦労しつつ何とか完成!

高いルアーなので少々もったない気もしますが、ストックがかなりあるのでw1個ぐらいはね。

ささ。

効果はいかに!!

とあるルアーをシーバス仕様にするため、溺愛のSTBL-46TNの♯4を買ってきましたー。

楽しみー!

たまたまネットサーフィンをしていたら気になる記事が!

いつの間にやらブラストがフルモデルチェンジしてましたー。


昨年の11月にブラスト4020を購入し、ジグマンX8の2号を200m巻き、いつものようにベアリングを追加したんですが、実はまだ新品未使用のまま(笑)

予定していた釣りが中止になったり、船に持ち込んでも使わなかったりで気付けば一年が経過。

もともと古いモデルだったんで新型が出るだろうなぁとは思ってましたが出てました(笑)


特筆すべきはラインキャパが増えた事と、5000サイズが出てる事。

結構売れるんではないかなー。

10月15日にボートシーバスを予約しました。

もちろん東京湾凄腕ガイドのWITH高見船長です!

ほぼ毎年春と秋に乗ってますが、毎回、この竿は凄いなー!と思うのが、カナルトーナメントエディションJJCT69S。


高見さん渾身の一本ですが、とにかくキャストがビシバシ決まり、フッキングは完璧、魚はバレずに難なく寄ってくる。

夢のような竿なわけです。

絶版だなんて残念すぎる!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。