Hat@noのPRISMなBassブログ2nd

~東京リーマンBasserであるHat@noが日々発信します~


購入したバケットマウスのオプションであるロッドスタンドBM-280が来たので早速装着してみました。



こいつも本体を買う時同様、悩んだ悩んだ(笑)

直径が違う二種類があるんですが、それぞれ35mmと45mm。

普通は35mmで事足りるんですが、念のためにと手持ちのロッドの直径を測ったところ。。。

ブリ用のキャスティングロッドの直径が40mm⁉︎

こりゃあかん!

更に、管釣りで使っているランディングネットも35mmでは収まらん。

大は小を兼ねる理論で45mmのBM-280に相成りましたー。

装着は簡単。

でも何だか安っぽいなー(笑)

春は悪天候で行けなかった東京湾シーバスガイドですが、秋はしっかり行くことができましたよー。

つまり1年ぶり。

昼間は雨が降ってましたが、出船の頃は晴れ。

風もなく、気温も上がり、まさにベストコンディションと言っても過言ではない状況。

今回のWITH高見さんプランは江戸川と荒川の秋らしい釣りの二本立て。

まずは江戸川に入ります。

すぐに関谷さんがヒット。
秋らしい魚です。

僕はというと、魚がうわずっていたのでショアラインシャイナーで攻め、コンスタントに釣れ続いてくれました。


が、サイズが出ない。

後半は荒川へ。

秋恒例のドリフトの釣り。

ルアーはルドラとCD11しかないが充分!

若干アップクロスでキャストし、ルアーの頭をくいくい動かすようなイメージでドリフト。


あいわからずコンスタントに釣れ続けましたが、やはりナイスサイズは流心だろうとルドラをキャスト!

答えは出た!



71cmのスズキ!

このあとCD11でもナイスサイズがヒットしましたがばらし。
残念。。。

今回は基本的にこの3つ。



X-80マグナム買わないとダメかなー。
完全に釣り負けたから(笑)

オフショアのジガーにはマストアイテムとなっている樹脂製バッカン。

ドカットかバケットマウスが定番ですが、かくいう僕もそろそろ欲しいなぁと。
なんせポパイのバッカンのままでは恥ずかしすぎる!

まずはドカットかバケットマウスのどちらにするかを悩みました。
これは誰しもが辿る道らしい。

ドカットは定番だがカスタムが大変。
バケットマウスはカスタムパーツは揃っているが少しミーハー感がある。

そんな中バケットマウスにした決め手となったのは

1.ロックが1箇所なので開け閉めの煩わしさがない
2.蓋が90度で止まる
3.なんだかんだいいながらロッドスタンドは便利そう

こんな理由です。

次に悩むのがサイズ。
一番大きいBM-9000か、ワンサイズ下のBM-7000か。

価格差は1000円ほど。

ドカットに悩むよりもサイズの選定に思いっきり悩みました。

考え考え抜いて出した結論はBM-7000。

アルミボートの上や管釣りで持ち歩く事も予定しているのでBM-9000はデカすぎる!

それにオフショアジギングでの用途も、初心者なので持ち込むジグやタックル(リール)が少ない。

あと、BM-7000は昨今の僕のパーソナルカラーであるブルーがラインナップされている。

よってBM-7000のブルーで決定と相成りましたー♫