Hat@noのPRISMなBassブログ2nd

~東京リーマンBasserであるHat@noが日々発信します~


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜はボートシーバス。

いそいそと準備をしてますが、予てから試したかった事にチャレンジしようかと。

それは、お気に入りルアーであるスミスのAプロップ シェルをシーバスで使うこと。

開発者である本山さんの話しによるとソルトでもかなりの結果が出てるという。

今夜は荒川河口がメインだし、となるとミノー系のドリフトだし、であればサブサーフェスのこのルアーは面白そうじゃないか?という判断です。

もともとシーバス用のAプロップは発売されてますが、このシェルバージョンのシーバス用はありません。

値段も高いし、消耗戦のソルトでは売れないでしょう…というマーケティングがあったと思われw

なので、ストックしてるAプロップ シェル2008をシーバス仕様にしてやろうじゃないの!とフック交換をしました。



フックはノーマルサイズとぴったり同じSTBL-46TNの4番。

スプリットリングがせこいのでこれも併せて交換します。

しかし…


Aプロップはヒートンじゃないので交換しにくいったらありゃしない。

てか、前から気になってますが、この仕様ってデカイのが掛かったら抜けないのか?



苦労しつつ何とか完成!

高いルアーなので少々もったない気もしますが、ストックがかなりあるのでw1個ぐらいはね。

ささ。

効果はいかに!!

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。