FC2ブログ

Hat@noのPRISMなBassブログ2nd

~東京リーマンBasserであるHat@noが日々発信します~


ミノーおよびシャッドを封印してのプリプラクティス。
となると、ノーシンカーが中心となる練習に戻ってしまいます。
ただ、この釣りは春の最強メソッド。
マスターしなければお話になりません。

有効なのはおおまかに分けて二種類のエリア。
ここを中心に周ったわけですが、この頃からプリプラに入っている選手が非常に多く、やっていることもみな同じ。
景気がいい人もいれば、ぜんぜん駄目な人(僕はこっち)もいます。
ですが、湖波ボートさんやハワイボートさんのHPをチェックすると、一般のアングラーがかなりの釣果を出し始めているのも分かってきました。

こりゃぁ魚の取り合いだなぁ、と必然的に思ったのですが変に釣っても仕方ないので、魚がいるであろうエリアを見て周る練習に切り替えました。
途中途中で魚を見つけて反応だけを見ますが、ここで新たな発見が!
簡単に反応する魚のはずなのに、僕のメソッドが通用しないという最悪な事態が。
ワームか?リグか?トレースコースか?(そんなの当たり前!)
こんな感じでどつぼにはまって行きましたが、そんな折、放流の噂がちらほら。

「最近放流していないから魚が育っている」
「合計で1tの予定だが500を二回に分ける可能性あり」
「暖かい水温で養殖した魚だから今の河口湖に入れたら、その場から動かないかも」

など、プリプラを全く意味のないものにしてしまうような情報が耳に入ってきました。(実はこの時点で敗戦が確定したかも)

さてさて困ったぞ。
とりあえず山梨チャプター第1戦で様子を見てからだなと判断し、山梨チャプター当日を迎えました。(ただし僕は不参加)

つづく・・・

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する